コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

租税負担率 そぜいふたんりつ tax burden ratio

5件 の用語解説(租税負担率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

租税負担率
そぜいふたんりつ
tax burden ratio

国民がどの程度,所得税や消費税などの租税を負担しているかをマクロ的に示す指標。通常,国税と地方税収入の合計を国民所得で除して求められ,1993年度について見ると日本は 25.6%であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そぜい‐ふたんりつ【租税負担率】

租税負担の割合を百分率で表したもの。通常は国民所得に対する租税収入金額の割合をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

租税負担率【そぜいふたんりつ】

租税負担の程度を示す指標であり,一義的に特定の指標をいうものではないが,一般に国民所得に対する租税の比率が用いられる。これによれば,日本では1934年―1936年度約13%,1998年度24.5%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

そぜいふたんりつ【租税負担率】

国民所得に占める税額の割合。個人の所得に占める税金の割合をいう場合もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

租税負担率
そぜいふたんりつ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の租税負担率の言及

【国税】より

…これに対して,都道府県や市町村のような地方公共団体の課税する税を地方税とよぶ。国民所得に対する租税負担額の割合は租税負担率とよばれて,租税負担の相対的な大きさを表す指標として重視されているが,1995年度の国税と地方税との合計租税負担率は23.3%,国税の対国民所得比は14.5%であり,高齢化等により社会保障関係費等財政需要が確実に見込まれるので,今後ともある程度上昇することが予想される。日本における国税と地方税との相対的大きさをみると,徴収額では国税の租税総額に占める割合は81年度で63.7%であり,第2次大戦後は低下傾向にある。…

【租税】より

…経済の発展段階にもよるし,その国の伝統や国民性にも大きく依存しているからである。発展段階という点では,発展途上国から先進国に進むにしたがい,租税負担率が高まるという傾向がある。また先進国でも,表2でみるとおり,英米型といわれる直接税を中心とした租税体系は,イギリス,アメリカのみならず北ヨーロッパ諸国や日本の特徴となっている。…

※「租税負担率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

租税負担率の関連キーワード国税LD50租税回避付加価値額可溶性固形物個人間変動ニコチンアミド当量労作強度安全余裕度販売指標

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

租税負担率の関連情報