コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会起業家 シャカイキギョウカ

2件 の用語解説(社会起業家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐きぎょうか〔シヤクワイキゲフカ〕【社会起業家】

事業を通じて社会問題の改善を図るために起業する人。社会起業家が事業を始めることを社会的起業といい、興した会社は社会的企業呼ばれるマイクロクレジットと呼ばれる無担保少額融資を通じて貧困層の自立を支援するためグラミン銀行を設立したムハマド=ユヌスが典型的な例とされる。社会的起業家。ソーシャルアントレプレナー(social entrepreneur)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

社会起業家

国や自治体の「官」と、営利企業の「民」の間にある仕事を、寄付や補助金に頼らず事業展開し、社会的な課題を解決しようとする人。福祉、教育、地域づくりといった、利潤追求だけでは成り立たない分野での活躍が期待されている。バングラデシュで貧困層の自立を促すグラミン銀行を創設してノーベル平和賞を受けたムハマド・ユヌスさんが広く知られている。

(2011-12-08 朝日新聞 朝刊 和歌山3 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会起業家の関連情報