コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石中先生行状記

3件 の用語解説(石中先生行状記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

石中先生行状記

1950年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:石坂洋次郎による同名小説、脚色:八木隆一郎、撮影:鈴木博。出演:宮田重藏、三船敏郎、池部良、堀雄二、杉葉子、木匠久美子、若山セツ子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしなかせんせいぎょうじょうき〔いしなかセンセイギヤウジヤウキ〕【石中先生行状記】

石坂洋次郎短編小説集。昭和23年(1948)から昭和29年(1954)連載。青森県に疎開していた小説家、石中先生の体験を描く。全4巻。昭和25年(1950)、昭和41年(1966)に映画化されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石中先生行状記
いしなかせんせいぎょうじょうき

石坂洋次郎の小説。1948年(昭和23)から54年まで断続的に『小説新潮』に連載。ほかに別の雑誌に発表の短編を加えた計40編を収めて全4冊の単行本新潮社より刊行(1949~54)された。作者の分身を思わせる石中先生が、疎開先の郷里津軽で体験したり見聞したことを読み切り風につづったもので、バルザック『風流滑稽譚(こっけいたん)』等に通じる好色譚から、少年回想ものに至る諸傾向の作品を、ローカル・カラー豊かに描く。近代文学史上の異色作といえよう。[森 英一]
『「石中先生行状記(抄)」(『土とふるさとの文学 13』所収・1976・家の光協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石中先生行状記の関連キーワードまた逢う日まで成瀬晩菊OUTおかあさん女の中にいる他人女の歴史妻の心妻よ薔薇のやうにめし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone