コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社内預金引当信託 しゃないよきんひきあてしんたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社内預金引当信託
しゃないよきんひきあてしんたく

民間企業が破産または会社更生手続開始などにより社内預金の返還が不可能となる事態を予想し,社内預金利用者を保護するための一手段として 1966年の労働基準法施行規則の一部改正に伴って創設された信託制度で,68年から実施されたもの。社内預金制度を実施している会社が委託者 (兼収益受益者) となり,多数の社内預金者を元本受益者として会社所有の金銭,有価証券 (あらかじめ会社資産と分離して信託財産とする) を信託会社に信託し,合同運用指定金銭信託または管理有価証券信託を締結する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android