コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社内預金引当信託 しゃないよきんひきあてしんたく

1件 の用語解説(社内預金引当信託の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社内預金引当信託
しゃないよきんひきあてしんたく

民間企業が破産または会社更生手続開始などにより社内預金の返還が不可能となる事態を予想し,社内預金利用者を保護するための一手段として 1966年の労働基準法施行規則の一部改正に伴って創設された信託制度で,68年から実施されたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社内預金引当信託の関連キーワード会社更生法クリード更生債権破産宣告日本国土開発詐欺更生罪会社更生手続日本綜合地所山﨑建設穴吹工務店

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone