コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園物語 ぎおんものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

ぎおんものがたり【祇園物語】

仮名草子。寛永年間(1624‐44)末ころ刊。作者の名はわからないが,貞享の《書籍(しよじやく)目録》に〈清水修行〉とあり,清水寺の僧の著と思われる。朝山意林庵の《清水物語》に賛意を表し,その内容を個条ごとに挙げ,解説するとともに,自説を述べたものである。僧侶の書いたものだけに,仏教教理にくわしいが,儒教も認め,仏教も儒教も道徳において同じであり,むしろ仏教を広めるために中国の三聖人が現れたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

祇園物語の関連キーワード仮名草子

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android