コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園物語 ぎおんものがたり

1件 の用語解説(祇園物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎおんものがたり【祇園物語】

仮名草子。寛永年間(1624‐44)末ころ刊。作者の名はわからないが,貞享の《書籍(しよじやく)目録》に〈清水修行〉とあり,清水寺の僧の著と思われる。朝山意林庵の《清水物語》に賛意を表し,その内容を個条ごとに挙げ,解説するとともに,自説を述べたものである。僧侶の書いたものだけに,仏教教理にくわしいが,儒教も認め,仏教も儒教も道徳において同じであり,むしろ仏教を広めるために中国の三聖人が現れたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祇園物語の関連キーワード可笑記仮名草子丹緑本棠陰比事尤草紙仮名本貸本屋恵中岡寿元津田弁作

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇園物語の関連情報