コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祈禱性精神病 きとうせいせいしんびょう invocations psychosis

1件 の用語解説(祈禱性精神病の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きとうせいせいしんびょう【祈禱性精神病 invocations psychosis】

加持祈禱または類似の状況から起こり,人格変換,宗教妄想,憑依妄想などを発する特異な病態で,森田正馬(まさたけ)により名づけられた(1915)。感動をもとにして起こる一種の自己暗示性の精神異常とされ,狐憑き犬神憑き(つきもの)などもこれに含められたが,今日では,一家の不幸をはらうべく祈禱をつづけているうち,自分が祈禱の対象である神仏そのもののような言動を示しはじめるケースが代表例と見なされる。患者はほとんどすべて中年の婦人で,同様の体験が強固な信仰の出発点となった女性教祖は少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

祈禱性精神病の関連キーワード押韻効果の法則三尖弁競演三部形式反復法加持祈祷仄起りUNIX系OS起こり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone