コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森田正馬 もりたまさたけ

5件 の用語解説(森田正馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森田正馬
もりたまさたけ

[生]1874.1.13. 高知
[没]1938. 東京
精神医学者。森田療法の創始者。幼時は病弱であったが高等学校時代からじょうぶになり,東京帝国大学医科大学卒業。精神医学を志し,28歳で東京慈恵医院医学専門学校教授となる。森田療法神経質理論で有名であるが,祈祷性精神病 (加持祈祷などによって起るもの) ,嫉妬妄想,催眠などについてもすぐれた業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もりた‐まさたけ【森田正馬】

[1874~1938]精神科医。高知の生まれ。東京慈恵会医大教授。神経症の治療法として、臥褥(がじょく)・作業・日記指導などによる心理療法を開発し、森田療法とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田正馬 もりた-まさたけ

1874-1938 明治-昭和時代前期の精神医学者。
明治7年1月18日生まれ。呉秀三に師事。明治36年東京慈恵医院医専(現東京慈恵医大)教授。神経症を研究し,心因説をとなえて「森田療法」を創始した。昭和13年4月12日死去。65歳。高知県出身。東京帝大卒。著作に「生の欲望」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

もりたまさたけ【森田正馬】

1874‐1938(明治7‐昭和13)
大正・昭和期の精神科医。精神療法である森田療法を創始した。高知県生れ。幼時より虚弱であった。熊本の第五高等学校から東京帝国大学医科大学へ進み,卒業後の1903年,同大学の副手となった。巣鴨病院医員ともなり,着任早々,病院看護人講習会をつくり,オルガンを購入して遊戯を奨励したり,看護婦に軍隊式訓練を行ったりした。同年9月,東京慈恵会医院医学専門学校(東京慈恵会医科大学の前身)教授となり,死去する1年前まで精神病学の講義を担当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もりたまさたけ【森田正馬】

1874~1938) 精神科医。高知県生まれ。東京慈恵会医大教授。森田療法を創始。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森田正馬の言及

【祈禱性精神病】より

…加持祈禱または類似の状況から起こり,人格変換,宗教妄想,憑依妄想などを発する特異な病態で,森田正馬(まさたけ)により名づけられた(1915)。感動をもとにして起こる一種の自己暗示性の精神異常とされ,狐憑きや犬神憑き(つきもの)などもこれに含められたが,今日では,一家の不幸をはらうべく祈禱をつづけているうち,自分が祈禱の対象である神仏そのもののような言動を示しはじめるケースが代表例と見なされる。…

【強迫神経症】より

…彼以前には,パラノイアと強迫状態との類似がもっぱら考えられており,フロイトがはじめて強迫とヒステリーとの共通点をあげて,これを神経症とみなしたのである。森田正馬は,強迫神経症をも彼のいう神経質の中に含め,その成立機制は,狭義の神経質の場合と同じく,ヒポコンドリー性基調と精神交互作用とからなるとする。フロイトは強迫神経症を肛門サディズム期への病者の退行ならびにこれに対する防衛として理解し,かつ過酷な超自我の役割を重視している。…

【神経質】より

…神経質は,取越苦労,小心,繊細,物事によく気がつくなどの性格特徴を示す一般用語としてよく使われるが,森田正馬はこの言葉を神経症の一類型として使用した。すなわち森田は,今日われわれがいう神経症を神経質とヒステリーに二大別し,神経質をさらに普通神経質(不眠症,頭重・頭痛,頭内朦朧(もうろう),感覚異常,疲労亢進,能率減退,脱力感,胃腸神経症,劣等感,小心,取越し苦労,性的障害,めまい,書痙,耳鳴り,振戦,記憶不良,注意散漫など),強迫観念(対人恐怖,不潔恐怖,疾病恐怖,不完全恐怖,読書恐怖,卒倒恐怖,外出恐怖,吃音恐怖,罪悪恐怖,縁起恐怖,尖鋭恐怖,雑念恐怖,高所恐怖,せんさく癖など),発作性神経症(心悸亢進発作,不安発作,呼吸困難発作など)に分けて説明した。…

【森田療法】より

…1920年ころ森田正馬(まさたけ)が創始した,神経症者に対する独自の精神療法。森田の精神療法における基本姿勢の一つは,人間に備わる自然治癒力(常態心理)の発動化を促すことであり,その二は,神経症形成の根底にある感情執着の悪循環を断ち切ることであった。…

※「森田正馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森田正馬の関連キーワード精神科精神科医精神科学療法精神分析療法捜査段階の精神鑑定浜田晋シュウィング自律訓練精神科作業療法精神分析的精神療法

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森田正馬の関連情報