祈雨(読み)きう

精選版 日本国語大辞典「祈雨」の解説

き‐う【祈雨】

〘名〙 降雨神仏ること。また、祈雨法などの修法を行なうこと。あまごい。
※延喜式(927)三「祈雨神祭八十五座(並・大)賀茂別雷社一座〈略〉丹生川上社。貴布禰社各加黒毛馬一疋。自余社加庸布一段

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祈雨」の解説

き‐う【祈雨】

降雨を神仏に祈ること。あまごい。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「祈雨」の解説

【祈雨】きう

雨ごい。〔小雅甫田琴瑟ち 以て(むか)へ 以て甘雨り 以て我が稷黍を(もと)め 以て我が士女を(やしな)はむ

字通「祈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android