コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐覚 ゆうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐覚 ゆうかく

?-1337* 鎌倉-南北朝時代の僧。
律をまなび覚応坊と名のる。元弘(げんこう)の乱のとき比叡(ひえい)山の衆徒となり,後醍醐(ごだいご)天皇方として各地を転戦建武(けんむ)3=延元元年12月29日足利方に捕らえられて殺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祐覚の関連キーワード南北朝時代