祐覚(読み)ゆうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐覚 ゆうかく

?-1337* 鎌倉-南北朝時代の僧。
律をまなび覚応坊と名のる。元弘(げんこう)の乱のとき比叡(ひえい)山の衆徒となり,後醍醐(ごだいご)天皇方として各地を転戦建武(けんむ)3=延元元年12月29日足利方に捕らえられて殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祐覚の関連情報