コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祓う ハラウ

デジタル大辞泉の解説

はら・う〔はらふ〕【×祓う】

《「払う」と同語源》
[動ワ五(ハ四)]神に祈って、罪やけがれ・災いなどを除き去る。「心身を清めてけがれを―・う」
[可能]はらえる
[動ハ下二]に同じ。
「御厨子所(みづしどころ)のおもだなといふ物に沓(くつ)置きて、―・へののしるを、いとほしがりて」〈能因本枕・五八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらう【祓う】

〔「払う」と同源〕
( 動五[四] )
神に祈ってけがれや災いを取り除く。清める。 「悪霊を-・う」
( 動下二 )
に同じ。 「六月の晦の大祓へに-・へたまひ清めたまふ事/祝詞 六月晦大祓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

祓うの関連キーワード大直毘神・大直備神陀々堂の鬼はしり能登のアマメハギ因幡の菖蒲綱引き烏蒭沙摩明王大麻(民俗)東光寺の鬼会大麻(神道)大禍津日神端午の節句石(いし)端午の節供アマメハギ御厨子所元三大師修正鬼会這い這い修二会ねぶた五節句

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android