コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払う ハラウ

デジタル大辞泉の解説

はら・う〔はらふ〕【払う】

[動ワ五(ハ四)]
本体にとって邪魔・不要・無益なものなどを、手や道具を用いて取り除く。除去する。「杉の下枝を―・う」「すすを―・う」「クモの巣を―・う」
わきへ追いのける。「手でハエを―・う」
横に勢いよく動かす。勢いよく横ざまに振る。「足を―・って倒す」「刀を―・う」
貴人の通行や密談などのために、人をその場から去らせる。「人を―・って内密の話をする」
力で相手を恐れさせて押さえつける。威圧する。「あたりを―・う風貌」
金銭を渡す。支払う。また、納入する。「給料を―・う」「罰金を―・う」「現金で―・う」
不要品などを売り渡す。「古道具屋に―・う」
自分の物を取り去って、それまでいた所をあける。引き払う。「下宿を―・う」「部屋を―・う」
ある目的のために大切なものを使う。費やす。「犠牲を―・う」
10 心を向けたり注いだりする。心を傾注する。「注意を―・う」「敬意を―・う」
11 (「地をはらう」の形で)何もない状態になる。すっかりなくなってしまう。「道義地を―・う」
12 うちほろぼす。討伐する。
「国見しせして天降(あも)りまし―・ひ平(たひら)げ」〈・四二五四〉
[可能]はらえる
[下接句]辺りを払う熱火(あつび)子に払う御髭(おひげ)の塵(ちり)を払う・先を払う・重箱の隅は杓子(しゃくし)で払え底を払う地を掃(はら)う髭(ひげ)の塵を払う

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はらう【払う】

( 動五[四] )
じゃまなもの、無益なもの、不用なもの、害をなすものなどを除く。
手などで勢いよく除き去る。 「ほこりを-・う」 「天井のすすを-・う」 「肩に積もった雪を-・う」
刃物でさっと切って取り除く。切り払う。 「立ち木の下枝を-・う」 「鎌かまで下草を-・う」
使用するのに邪魔なものを取り除く。 「刀の鞘さやを-・う」 「襖ふすまを-・う」
自分のほうへ向かってくるものを、手や足を勢いよく動かしてわきへどける。払いのける。 「足を-・って倒す」 「つかみかかってくる手を-・う」
人や動物をその場からいなくさせる。去らせる。また、先払いをする。 「人を-・って密談する」 「はえを-・う」 「行列の先を-・う」
圧倒する。威圧する。 「威風あたりを-・う」
不用なものを売って処分する。 「古雑誌を屑屋に-・はうと思つて/一隅より 晶子
金銭を渡す。
代価を支払う。 「代金を-・う」 「給料を-・う」 「勘定を-・う」
納入する。 「ガス代を-・う」 「罰金を-・う」 「税金を-・う」
目的を達するために、あるものを費やす。消費する。 「勝利のために大きな犠牲を-・った」 「努力を-・う」
それまで居た場所をあける。引き払う。 「宿を-・う」
気持ちをあるものに向ける。心を傾ける。 「…に注意を-・う」 「敬意を-・う」 「関心を-・う」
(「地をはらう」の形で)すっかり失われる。全くなくなる。 「威信地を-・う」
刀・棒などを左右に振る。なぎ倒す。 「刀を-・う」 「なぎなたで脛すねを-・う」
従わないものを討ち退ける。平定する。 「姦を-・はん時は今/天地有情 晩翠
軽くたたくように触れる。 「池水の水草みくさも取らで青柳の-・ふしづ枝にまかせてぞ見る/後拾遺 春上
ごみやちりなどを取り払う。はき清める。掃除する。 「宮の東ひんがしの対を-・ひしつらひて/源氏 真木柱
追放する。追い払う。 「別当をも-・ふべしなんどまでののしりて/沙石 9
[可能] はらえる
[表記] はらう(払・祓
「払う」は“取り除く。支払う。心を傾ける。横ざまにすくう”の意。「ほこりを払う」「足を払う」「給料を払う」「犠牲を払う」「敬意を払う」  「祓う」は“神に祈って罪やけがれを除く”の意。「悪霊を祓う」「汚れを祓う」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

払うの関連キーワードアブラカダブラ様に様を付ける髭の塵を払う手付けを打つ優先ローン身銭を切るダスター薙ぎ払う恥を雪ぐ気を配る心を配る御笑い種年賦金木戸銭埃払い塵払い横薙ぎ眉掃き全払い耳払い

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

払うの関連情報