祝部土器(読み)いわいべどき

大辞林 第三版の解説

いわいべどき【祝部土器】

須恵器すえきを祭祀さいし用の土器と考えて命名した旧称。 → 須恵器

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いわいべ‐どき いはひべ‥【祝部土器】

〘名〙 日本の古墳時代の遺跡から発掘された陶質土器。ねずみ色の堅い素焼きで、かなりの高温で焼いたものと推定される。製作にろくろを用いたと思われるものが多い。陶器(すえのうつわ)。須恵器(すえき)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祝部土器の言及

【須恵器】より

…床面傾斜については,ほぼ水平のものから40度前後の急傾斜のものまでさまざまだが,構造上の基本は同じであり,床面傾斜角をもって登り窯,平窯などとよびわけた過去の用語は避けたい。江戸時代から明治にかけて,須恵器は行基(ぎようき)焼,祝部(いわいべ)土器などとよばれ一部の文人,茶人間で関心をよんだが,学術研究の対象として取り上げるようになったのは大正以後である。器形,用途論に始まった研究も,近年は年代や生産流通などの問題に対する考古学的研究の資料として,本格的な取組みがなされるようになった。…

※「祝部土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android