コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神の留守 カミノルス

デジタル大辞泉の解説

かみ‐の‐るす【神の留守】

民間信仰で、陰暦10月、諸国の神々が出雲大社に集まり、諸方の神社が留守になること。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみのるす【神の留守】

陰暦10月、諸国の神々が出雲いずもに集まるので、まつられている地には神がいなくなるという俗信。 [季] 冬。 《 -巫女もなすなる里帰り /赤星水竹居 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android