コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神人同形説 シンジンドウケイセツ

デジタル大辞泉の解説

しんじんどうけい‐せつ【神人同形説】

宗教上の擬人観の一。信仰の対象である神に、人間の持っている形姿性質を備えさせる考え方。例えば、古代ギリシャの神が、人間と同様に喜怒哀楽の感情を持つとされたことなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんじんどうけいせつ【神人同形説】

信仰の対象である神に人類と同じ形姿・性質を投影する擬人的な考え方。ギリシャ神話における神々の類。人型神観。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神人同形説の関連キーワードクセノファネスギリシャ神話人型神観人類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android