コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神代種亮 こうじろ たねすけ

1件 の用語解説(神代種亮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神代種亮 こうじろ-たねすけ

1883-1935 大正-昭和時代前期の書誌研究者,校正者。
明治16年6月14日生まれ。郷里島根県で小学校教師をつとめたのち上京し,明治文学とくに書誌を研究。校正にすぐれ,校正の神様とよばれた。「校正往来」「書物往来」誌などを刊行。明治文化研究会同人。昭和10年3月30日死去。53歳。島根師範卒。号は帚葉山人,七松庵主人。名は「たねあき」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神代種亮の関連キーワード日本浪曼派治安維持法アルマン条約電気事業アメリカ美術東欧演劇ラウエ写真挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone