コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書誌 ショシ

3件 の用語解説(書誌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐し【書誌】

書物。書籍。図書。
特定の人あるいは題目についての文献の目録。
書物の体裁・内容・成立の事情など。また、それらについての記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょし【書誌】

書物の編著者・成立・内容・体裁など。また、その記述。
特定の分野・題目などに関する書物・文献の目録。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

書誌

何らかの基準で選ばれた図書,論文,記事などの資料一点一点の特徴を分析して,その特徴を一定の記述規則に基づき書誌データ(図書ならば,著者名,タイトル,出版地,出版者,出版年,ページ数など)に表現し,これらのデータを探索しやすいように排列したリスト二次資料の一種で,文献リスト,文献目録ともいう.全国書誌,全国的販売書誌などの一次書誌,選択書誌主題書誌個人書誌などの二次書誌,「書誌の書誌」などの三次書誌に区分できる.現在では記録媒体が多様化し,電子的資料,その他の形態の資料を収録対象とするものも書誌とみなすことがある.書誌そのものの媒体も限定されず,カード形態でも電子メディアでもよい.書誌は文献の存在と書誌データを知らせるものであって,文献の所在も明示している目録とは区別される.冊子形態の書誌は,排列方式と索引の有無・種類が検索効率に影響し,それぞれの書誌の特徴となっている.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書誌の関連キーワード帰属書史書籍書籍館書目図籍篇帙メールアート中の人通貨先物(Financial Futures)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

書誌の関連情報