書誌(読み)しょし(英語表記)bibliography

翻訳|bibliography

図書館情報学用語辞典 第5版「書誌」の解説

書誌

何らかの基準で選ばれた図書論文,記事などの資料一点一点の特徴を分析して,その特徴を一定記述規則に基づき書誌データ(図書ならば,著者名,タイトル,出版地,出版者,出版年,ページ数など)に表現し,これらのデータを探索しやすいように排列したリスト.二次資料の一種で,文献リスト,文献目録ともいう.全国書誌,全国的販売書誌などの一次書誌,選択書誌主題書誌個人書誌などの二次書誌,「書誌の書誌」などの三次書誌に区分できる.現在では記録媒体が多様化し,電子的資料,その他の形態の資料を収録対象とするものも書誌とみなすことがある.書誌そのものの媒体も限定されず,カード形態でも電子メディアでもよい.書誌は文献の存在と書誌データを知らせるものであって,文献の所在も明示している目録とは区別される.冊子形態の書誌は,排列方式と索引の有無・種類が検索効率に影響し,それぞれの書誌の特徴となっている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「書誌」の解説

しょ‐し【書誌】

〘名〙
書物。図書。書籍
特定の人や題目に関する書物・文献の目録。
③ 古文献などの書物の外観・材質・内容成立上の特徴。また、それを記述したもの。書史。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書誌」の解説

しょ‐し【書誌】

書物。書籍。図書。
特定の人あるいは題目についての文献の目録。
書物の体裁・内容・成立の事情など。また、それらについての記述。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android