コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神代 錦 カミヨ ニシキ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

神代 錦
カミヨ ニシキ


職業
女優

本名
稲垣 静子(イナガキ シズコ)

別名
日舞名=藤間 松左

生年月日
大正6年 3月18日

出身地
鳥取県 倉吉市

学歴
宝塚音楽学校卒

経歴
昭和5年初舞台。気品と風格のある男役として「ラ・ロマンス」「虞美人」「勧進帳」「舟遊女」「隼別王子の叛乱」などで活躍。戦前、戦後の宝塚歌劇の黄金時代を築いた一人。日舞の名手でもあり、外部の舞台にも出演、「お市の方」「愛染め高尾」「千姫曼陀羅」「市川九女八」など数多く出、渋い演技を見せた。48年宝塚歌劇団理事に就任。

受賞
芸術祭奨励賞〔昭和36年〕

没年月日
平成1年 2月23日 (1989年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

神代 錦の関連キーワード小倉百人一首4月24日余貴美子百人一首山鹿素行三光正宗古事記慶長版相撲勅版由宇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android