コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神坂次郎 こうさか じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神坂次郎 こうさか-じろう

1927- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和2年3月2日生まれ。第二次大戦後郷里の和歌山県にすみ,歴史小説をかく。昭和57年「黒潮岸辺」で日本文芸大賞。59年,18年をかけてまとめた「元禄御畳奉行の日記」がロングセラーになる。62年「縛られた巨人 南方熊楠の生涯」で大衆文学研究賞。平成15年長谷川伸賞。陸軍飛行学校卒。本名は中西久夫。著作はほかに「熊野御幸(ごこう)」「奇妙(けったい)な侍たち」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神坂次郎の関連キーワード小説家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android