コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神宮教 ジングウキョウ

デジタル大辞泉の解説

じんぐう‐きょう〔‐ケウ〕【神宮教】

教派神道の一。伊勢神宮の神官を中心に、明治15年(1882)神道神宮派として独立し、同年神宮教と改称。伊勢神宮崇敬を中心とする活動を行った。明治32年(1899)解散し、財団法人神宮奉斎会となった。
[補説]神宮奉斎会は昭和21年(1946)に解散し、皇典講究所大日本神祇会とともに宗教法人神社本庁を創設した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんぐうきょう【神宮教】

教派神道の一。伊勢神宮の教化機関である神宮教院に始まり、1882年(明治15)に神宮教として独立。99年に神宮奉斎会に改められ、神宮大麻の頒布を業務としたが、1946年(昭和21)解散。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神宮教の言及

【教派神道】より

…国家神道の形成過程で,国家の祭祀である国家神道(神社神道)と区別された神道系宗教の総称で,宗派神道,宗教神道ともいう。教派神道の独立公認は,1876年,神道事務局から別派特立を許された黒住(くろずみ)教,神道修成派に始まり,82年を中心に,1908年の天理教にいたる14教に及ぶが,そのうち神宮教は,1899年解散して神宮奉斎会となったので,教派神道十三派,神道十三派とよばれた。教派神道は,国家神道体制のもとで,仏教,キリスト教とともに,神仏基三教とよばれ,事実上の公認宗教の扱いを受け,各教の管長は,勅任官待遇であった。…

※「神宮教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神宮教の関連情報