コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教派神道 きょうはしんとう

7件 の用語解説(教派神道の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

教派神道

国家神道」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうは‐しんとう〔ケウハシンタウ〕【教派神道】

国家神道に対して、幕末期に起こり、明治時代に、教派として公認された神道系教団の総称。黒住教神道修成派出雲大社教扶桑教実行教神道大成教神習教御嶽教神道大教神理教禊教金光教天理教神宮教の14教派で、神宮教が明治32年(1899)解散したため、一般に神道十三派と呼ばれた。教典・教会を備え、また、神道大教を除き、教祖もしくは創始者が存する点で神社神道とは区別される。宗派神道

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

教派神道【きょうはしんとう】

幕末・明治に民間で発生した神道教団。宗派神道,宗教神道ともいう。国家神道,神社神道に対する。明治政府によって公認されたものが13あったので教派神道十三派という。
→関連項目大本教山岳信仰神道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうはしんとう【教派神道】

国家神道の形成過程で,国家の祭祀である国家神道(神社神道)と区別された神道系宗教の総称で,宗派神道,宗教神道ともいう。教派神道の独立公認は,1876年,神道事務局から別派特立を許された黒住(くろずみ)教神道修成派に始まり,82年を中心に,1908年の天理教にいたる14教に及ぶが,そのうち神宮教は,1899年解散して神宮奉斎会となったので,教派神道十三派,神道十三派とよばれた。教派神道は,国家神道体制のもとで,仏教,キリスト教とともに,神仏基三教とよばれ,事実上の公認宗教の扱いを受け,各教の管長は,勅任官待遇であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうはしんとう【教派神道】

明治政府により国家の祭祀とされた神社神道に対し、宗教として公認された神道系宗教団体の総称。はじめ一四教あったが、のち一教が解散し、神道十三派と称される。宗派神道。 → 神道十三派

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教派神道
きょうはしんとう

江戸時代中期以降既成宗教は庶民の宗教的要求から遊離し,幕末維新期には,教祖の宗教的体験をもととした神道系の新興宗教が成立した。そのうち第2次世界大戦前に国家から宗教として公認されたものを教派神道と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

教派神道
きょうはしんとう

明治時代、政府機関としての大教院、神道事務局より分派独立し、公認された神道系宗教団体の総称。神道大教(神道、神道本局)、神道修成(しゅうせい)派、黒住(くろずみ)教(神道黒住派)、出雲大社(いずもおおやしろ)教(神道大社(たいしゃ)派)、扶桑(ふそう)教(神道扶桑派)、実行(じっこう)教(神道実行派)、神道大成(たいせい)教(神道大成派)、禊(みそぎ)教(神道禊派)、神習(しんしゅう)教(神道神習派)、御嶽(おんたけ)教(神道御嶽派)、神理(しんり)教、金光(こんこう)教、天理教の13団体で、神道十三派また宗派神道とも称した(括弧(かっこ)内は旧称)。
 明治新政府は祭政一致の政治体制確立を目ざし、1869年(明治2)9月、大教(当時、神道のことを大教また本教とよんだ)宣布のため宣教使の職制を定め、翌年正月には神祇(じんぎ)鎮祭の詔(みことのり)とともに、大教宣布の詔が発布され、宣教使が活動を始めた。しかし、その宣教使は神職と国学者が主で、説教のなかで仏教攻撃をすることが多く、弊害が生じたので、1872年宣教使の制を改め、教導職を置き、神道仏教各派合同して治教の精神を教導することとした。翌年大教院を設け、この間に江戸時代に発した宗教諸派からも教導職に任命される者を出していたが、統一に無理があったため1875年神仏分離してあたることとし、神道系は神道事務局を設けた。しかし、なお一致せず、分派独立する者が出、さらに1882年1月、神官の教導職兼補が廃止されるとともに、政府の手を離れ別派独立する者が続出し、それらが教派神道となった。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の教派神道の言及

【国家神道】より

…神道に共通する教義体系をつくることは不可能であること,国家が復古神道的な教説で宗教活動を直接に統制することは近代国家にふさわしくないことなどを認識した政府は,82年には神官の教導職兼補を廃止し,神官は葬儀に関与しないことを定めた。こうして神社は,祭祀儀礼を中心とすることになり,独自の教義体系をもつ神道教団は教派神道として独立した。広い意味では,維新政府成立直後からの神道国教化政策を含めて国家神道と呼んでもよいが,近代日本において独特の国教制度として定着したのは,右のような過程をへて成立した神社崇拝,神社祭祀,神社制度であり,それが国家神道と呼ばれている。…

【神道】より

…中世の末に大きな力を持つようになった吉田神道は,その例であるが,日本の民族宗教の代表的なものとして吉田神道の教説に接したキリシタンの宣教師が,日本人の信仰をXinto(中世の神道家の中には濁音を嫌う人々が多く,神道の二字をシンドウではなくシントウと読むことが主張されていた)ということばでとらえたことに端を発して,神道の語は外国に知られることになった。しかし,明治時代に神道が国教化されると,国家の祭祀として宗教を超えたものと主張された神道は,大教,本教,古道,惟神道(かんながらのみち)などと呼ばれ,仏教やキリスト教と同列とされた教派神道諸派が神道の語で呼ばれたこともあって,日本固有の民族宗教をあらわすことばは多様なままに推移し,研究者の間でも神祇,神祇信仰ということばが用いられることが多かった。他方,西欧諸国の日本研究・紹介者の間では,Shinto,Shintoismの語が一般化したため,昭和に入り日本人の間でも,神道ということばが一般に用いられるようになり,日本固有の信仰の多様な性格を,古神道,神社神道,教派神道,民俗神道をはじめさまざまに分けて考えることも一般化した。…

※「教派神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教派神道の関連情報