コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神崎恵舞 かんざき えん

1件 の用語解説(神崎恵舞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神崎恵舞 かんざき-えん

1874-1950 明治-昭和時代の舞踊家。
明治7年生まれ。山村,花柳,藤間各流の舞踊に通じた母にならう。母の経営していた大阪北新地の茶屋伝法家をついだが,東京新橋の料亭田中家の女将であった身内の樋田千穂をたよって上京。昭和12年7代坂東三津五郎の推挙で地唄舞神崎流をおこした。昭和25年1月7日死去。76歳。大阪出身。本名はえん。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神崎恵舞の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画近代経済学人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone