コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神戸祐甫 かんべ ゆうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神戸祐甫 かんべ-ゆうほ

1632-1710 江戸時代前期-中期の俳人。
寛永9年生まれ。伊賀(いが)(三重県)上野の富商。松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,伊賀三十一人衆のひとり。作品は「猿蓑」「炭俵」「続猿蓑」などにとりあげられ,「蕉門名家句集」におさめられている。宝永7年8月15日死去。79歳。通称は八郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

神戸祐甫の関連キーワードガリレイ片山兼山新版歌祭文タルトゥレンエストニアタルトゥ大学鳥羽藩グスタフグスタフ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone