神楽獅子(読み)かぐらじし

精選版 日本国語大辞典の解説

かぐら‐じし【神楽獅子】

〘名〙
① 神前で奉納する獅子舞。また、近世以降、家々を回って歩く獅子舞などもいう。
※雑俳・鶯宿梅(1730)「だます稚泣間を払ふ神楽獅子」
② 多毛のことを花柳界でいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

神楽獅子
(通称)
かぐらじし

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
新曲神楽獅子
初演
寛政5.2(江戸・市村座)

神楽獅子
〔河東〕
かぐらじし

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
演者
十寸見河東(1代)
初演
享保7.1(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かぐら‐じし【神×獅子】

神前で神楽として奉納する獅子舞。
御神体として獅子頭を奉じて家々を回り、祓(はらい)・祈祷(きとう)などを行う獅子舞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android