コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神殿奉献 しんでんほうけん

世界大百科事典 第2版の解説

しんでんほうけん【神殿奉献】

モーセの律法に従って,幼子イエスが生誕後40日目に両親に連れられエルサレム神殿に奉献される場面。《ルカによる福音書》2章22~39節に記される。この場面は〈マリアの潔めの式〉とも呼ばれ,イエバトのひな2羽が犠牲にささげられる。また,このとき神殿には聖霊の示しを受けているシメオンSimeonという名の老人がいたが,この幼子が主のつかわす救世主(メシア)であることを即座に理解し,イエスを腕に抱く。老預言者アンナもまた近寄ってきて幼子をたたえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神殿奉献の関連キーワードベネチア・アカデミア美術館ブレラ美術館ファスチモーセ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android