コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神永市兵衛 かみなが いちべえ

2件 の用語解説(神永市兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神永市兵衛 かみなが-いちべえ

?-? 江戸時代前期の一揆(いっき)指導者。
下野(しもつけ)(栃木県)都賀郡(つがぐん)上稲葉村の農民。壬生(みぶ)藩の7品の新規運上(税)の免除をもとめて,元禄(げんろく)8年(1695)11ヵ村の総代として石井伊左衛門,須釜作次郎と幕府への直訴をはかる。出発直前に捕らえられ,税の免除に成功したが,越訴(おっそ)の罪により斬刑に処せられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

神永市兵衛

生年:生没年不詳
江戸時代百姓一揆の指導者,義民。下野国(栃木県)都賀郡壬生藩領上稲葉村の百姓といわれ,元禄期(1688~1704)に実施された壬生藩の7品の新規運上の免除を求めて,石井伊左衛門(星宮新田),須釜(須藤)作次郎(壬生本郷新町住人)と共に,越訴を企てたが未遂におわり,市兵衛と伊左衛門は斬首,作次郎は赦免になったという。市兵衛は市兵衛八幡(上稲葉村)として,頭取らが惣代八幡(星宮神社)として祭られた。また明治16(1883)年には自由民権派の鯉沼九八郎らによって供養運動会がおこなわれた。<参考文献>小室信介編『東洋民権百家伝』

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神永市兵衛の関連キーワード一揆義民百姓一揆磯部村清太夫上吉影村藤衛門下佐谷村助六鈴木源之丞深谷克己堀江六之丞本橋次左衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone