コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神波即山 かんなみ そくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神波即山 かんなみ-そくざん

1832-1891 明治時代の漢詩人。
天保(てんぽう)3年6月6日生まれ。司法省につとめ,内閣一等属となる。はやくから森春濤の桑三軒吟社でまなぶ。作品は「明治三十八家絶句」「東京才人絶句」にとられている。明治11年竜邱吟社をおこし,詩や書をおしえた。明治24年1月2日死去。60歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は桓。字(あざな)は猛郷,竜朔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

神波即山の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android