神田伯山(3代)(読み)かんだ はくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神田伯山(3代) かんだ-はくざん

1872-1932 明治-昭和時代前期の講談師。
明治5年7月20日生まれ。2代神田伯山(初代神田松鯉)に入門し,小伯山をへて明治37年3代伯山を襲名。「清水次郎長伝」を得意とした。高座にあがると他席ががらあきになることから「八丁荒らし」の異名をとり,次郎長伯山ともいわれた。昭和7年1月30日死去。61歳。東京出身。本名は岸田福松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android