神谷正太郎(読み)かみやしょうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神谷正太郎
かみやしょうたろう

[生]1898.7.9. 愛知
[没]1980.12.25.
昭和期の実業家。名古屋市立商業高校を卒業後,三井物産に入社し,アメリカ合衆国のシアトル出張所,イギリスのロンドン支店に勤務。退社してロンドンに鉄鋼輸入を主とする神谷商事を設立するが失敗。帰国後,日本ゼネラルモータースを経て,1935年豊田自動織機製作所(→豊田自動織機)に入社。1937年のトヨタ自動車工業設立時に取締役販売部長として尽力。1950年にはトヨタ自動車販売を設立し,社長に就任。「販売の神様」と呼ばれ,自動車業界全体に多大な影響を与え続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷正太郎 かみや-しょうたろう

1898-1980 昭和時代の経営者。
明治31年7月9日生まれ。三井物産,日本ゼネラルモーターズをへて昭和10年豊田自動織機製作所にはいる。12年トヨタ自動車工業取締役となる。25年トヨタ自動車販売社長に就任。月賦販売制度を導入するなどして売り上げをのばし,「販売の神様」といわれた。昭和55年12月25日死去。82歳。愛知県出身。名古屋市立商業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神谷正太郎の関連情報