捺印(読み)ナツイン

デジタル大辞泉の解説

なつ‐いん【×捺印】

[名](スル)印判をおすこと。また、おした印影。押印。「契約書に捺印する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なついん【捺印】

スル
印判を押すこと。また、その印判。押印。 署名-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なつ‐いん【捺印】

〘名〙 印判を押すこと。また、押した印。押印
※類聚符宣抄‐六・延暦一三年(794)六月一五日・宣旨「右官符、少納言外記加覆勘、後日捺印」
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)一〇五条「訴訟代理人の署名及ひ印」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の捺印の言及

【印鑑】より

…日常生活上は,文書の内容を認める意思表示として当事者が押す判を総称し,印,印形(いんぎよう),はんこなどと呼ばれる。印を押す行為を捺印(なついん)または押印といい,紙などの上に形成された押跡を印影という。しかし法律上はそのような道具は印鑑とは区別され,印章と呼ばれる。…

【印刷】より

…こうした印刷は唐代(618‐907)に始まったと思われるが,しかしそれ以前から印刷類似の方法が中国やオリエントで行われていた。捺印や〈摺拓〉がそれである。ことに捺印の歴史は古く,オリエントでは前3000年以上もさかのぼるものがあり,主として封印に使われた。…

※「捺印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

捺印の関連情報