禅榻(読み)ゼントウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐とう〔‐タフ〕【禅×榻】

禅定(ぜんじょう)を修するときに用いる腰掛け。座禅に用いる腰掛け。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんとう【禅榻】

禅を修行するときに用いる腰掛け。座禅を組むときの腰掛け。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐とう ‥タフ【禅榻】

〘名〙 仏語。禅定(ぜんじょう)を修する時に用いる腰かけ。坐禅をする時に用いる腰かけ。
※蕉堅藁(1403)読杜牧集「風流独愛樊川子、禅榻茶煙吹鬢糸」 〔杜牧‐酔後題僧院詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android