禅定(読み)ぜんじょう

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【禅定】

《「禅」は、梵dhyānaの音写「禅那」の略。「定」はその訳》
仏語。思いを静め、心を明らかにして真正の理を悟るための修行法。精神を集中し、三昧(さんまい)に入り、寂静の心境に達すること。六波羅蜜の一。「禅定に入る」
修験道で、白山立山などの高い山に登って行う修行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんじょう【禅定】

〈禅〉はサンスクリットのディヤーナdhyāna,パーリ語のジャーナjhānaから転じた音,〈定〉はその意味をおのおの示している。身体を安静に保ち,心静かに人間本来の姿を瞑想すること,心を一つに集中させ,動揺させないことである。古代インドでは仏教以前から広く行われていた修行法の一つであるが,仏教におけるもっとも代表的な修行法ということができる。大乗仏教の修行法である六波羅蜜の第五にあたり,修行法の中心といえ,また三学(さんがく)(戒・定・慧)の一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんじょう【禅定】

〘仏〙 〔禅と定。「定」を samādhi の訳語「三昧さんまい」とする説と、 dhyāna の訳語とする説がある〕 精神をある対象に集中させ、宗教的な精神状態に入ること。また、その精神状態。
富士山・白山・立山などの霊山に登り、行者が修行すること。 「立山-申さばやと存じ候/謡曲・善知鳥」
〔霊山の山頂で修行したことから〕 山の頂上。絶頂。 「この山の西の方より黒雲のにはかに-へ切れて/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の禅定の言及

【観念】より

…仏教ではもともと三昧(さんまい)を追求することが基本となっている。三昧とは禅定(ぜんじよう)ともいわれ,心を集中して心が安定した状態に入ることである。禅定の追求が継承されていくなかでその方法が具体的に形成されることとなり,観仏・観法などの修行の仕方が明らかにされていく。…

※「禅定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

禅定の関連情報