福井松山(読み)ふくい しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福井松山 ふくい-しょうざん

1736-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
元文元年生まれ。新井滄洲(そうしゅう)にまなび,陸奥(むつ)仙台藩の家臣茂庭(もにわ)氏につかえた。享和3年6月死去。68歳。本姓は佐藤。名は親倫。字(あざな)は子叙。通称は忠助。著作に「楽府題彙(がふだいい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android