コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井滄洲 あらい そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井滄洲 あらい-そうしゅう

1714-1792 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)4年生まれ。佐久間洞巌(どうがん)の子。陸奥(むつ)仙台藩士。遊佐木斎(ゆさ-ぼくさい),服部南郭(なんかく)にまなび,藩主伊達宗村の侍講となった。詩を得意とし,「滄洲先生詩集初編」などがある。寛政4年4月16日死去。79歳。名は義質。字(あざな)は子敬。通称は市郎,彦四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井滄洲の関連キーワード新井瀛洲福井松山青木滄海

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android