福井雨郷(読み)ふくい うごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福井雨郷 ふくい-うごう

1884-1942 大正-昭和時代前期の俳人。
明治17年生まれ。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)に師事し,与謝蕪村(よさ-ぶそん)を研究。生地の京都府舞鶴の地方紙「丹州時報」にくわわり,青年層への俳句の普及,指導につとめた。昭和17年死去。59歳。本名は善三,のち善四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android