コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井雨郷 ふくい うごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福井雨郷 ふくい-うごう

1884-1942 大正-昭和時代前期の俳人。
明治17年生まれ。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)に師事し,与謝蕪村(よさ-ぶそん)を研究。生地の京都府舞鶴の地方紙「丹州時報」にくわわり,青年層への俳句の普及,指導につとめた。昭和17年死去。59歳。本名は善三,のち善四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

福井雨郷の関連キーワードレジスタンス文学森一生スベルドラップ(Johan Sverdrup)ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンアルコール発酵[各個指定]工芸技術部門日本銀行券

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android