福山黒酢(読み)ふくやまくろず

事典 日本の地域ブランド・名産品「福山黒酢」の解説

福山黒酢[調味料]
ふくやまくろず

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
霧島市福山でつくられるづくりの純米黒酢。江戸時代後期からの製法を守って製造されている。アマン壺と呼ばれる薩摩焼の壺のなかで、蒸し米と・天然のわき水だけを原料に1年〜3年じっくりと発酵・熟成してできあがる。アマンとは、鹿児島弁で酢のことをいう。熟成の過程で、酢の色は深みのある琥珀色に変わる。壺のなかでは、仕込みから発酵完了まで乳酸菌・酵母・酢酸菌によって糖化・アルコール発酵・酢酸発酵の酢づくりの3段階がゆるやかにおこなわれている。複雑な発酵をスムーズにするのは、アマン壺の材質や大きさ、それに霧島市の気候。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android