コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸菌 サクサンキン

6件 の用語解説(酢酸菌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくさん‐きん【酢酸菌】

エチルアルコール酢酸に変える細菌の総称。桿菌(かんきん)で、連鎖状につながっている。酢を作るのに利用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

酢酸菌

 エタノールを酸化して酢酸に変える菌.酢の製造に用いる種もある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくさんきん【酢酸菌 acetic acid bacteria】

エチルアルコールを酸化して酢酸をつくる細菌でアセトバクター属Acetobacterにまとめられる。細胞は普通は杆状であるが,40℃ぐらいの高温で培養をつづけると長く伸びた変形となりやすい。運動性のないものが多く,液面に薄い膜状となって生育する。この細菌により酢酸がつくられる過程を酢酸発酵とよび,一種の酸化発酵である。ただし,アルコールの含有量が少ないときは生成された酢酸は,すぐに分解されて炭酸ガス水になる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくさんきん【酢酸菌】

エチルアルコールを直接酸化して酢酸をつくる好気性の細菌の総称。桿菌かんきんで運動性がなく、連鎖状につながる。醋母さくぼ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸菌
さくさんきん

酢酸バクテリア」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸菌
さくさんきん

アセトバクターともいい、酢酸を生成する細菌の普通名である場合と、グラム陰性の好気性桿菌(かんきん)の1属として表現される場合とがある。前者はacetobacterとし、後者をAcetobacterとして書き表す。以下、1属としてのAcetobacterを酢酸菌として説明する。
 酢酸菌は種類が多く、普通は桿状であるが、しばしば長連鎖状となる。0.6~0.8×1.0~4.0マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)。偏性(絶対的)好気性菌で非運動性、液体培養基の表面に皮膜を形成する。酢酸菌はエタノール(エチルアルコール)を酸化分解して酢酸を生成するが、食酢の醸造はこの性質を利用したものである。このような酢酸発酵においては、酢酸のほかに、アセトンなどのさまざまな副産物のあることが知られている。このほか、酢酸菌は種々の糖類やアルコール類からいろいろな有機酸を生成する。プロパノールからプロピオン酸、ブドウ糖から多量のグルコン酸、D-ソルビットからL-ソルボースを生成するなどがその例である。この作用は発酵工業上重要で、関与する酢酸菌もまた重要である。代表菌はAcetobacter acetiである。[曽根田正己]
『飴山実・大塚滋編『酢の科学』(1990・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の酢酸菌の言及

【酢酸発酵】より

酢酸菌によってエチルアルコールが酸化されてほぼ定量的に酢酸が生成する発酵現象で,古くから食酢醸造に利用されてきた。その発酵過程はの2段階から成り,それぞれアルコール脱水素酵素,アルデヒド脱水素酵素の2種の酵素によって触媒される。…

※「酢酸菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酢酸菌の関連キーワードカルビノール共沸蒸留酢酸エステル酢酸エチル酢酸発酵酸化エチレンセチルアルコールポリビニルアルコール臭化エチルセリルアルコール

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酢酸菌の関連情報