コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田半香 ふくだ はんこう

3件 の用語解説(福田半香の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

福田半香

江戸後期の南画家。遠江見附生。本居宣長の門人福田真直の子。名は佶、字は吉人、通称を恭三郎、別号は暁斎・磐湖・暁夢・松蔭山房等。はじめ掛川藩の絵師村松笠斎に、のち江戸に出て匂田台嶺、渡辺崋山に画を学び、山水を能くした。元治元年(1864)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田半香 ふくだ-はんこう

1804-1864 江戸時代後期の画家。
文化元年7月2日生まれ。渡辺崋山(かざん)門下。蛮社(ばんしゃ)の獄で蟄居(ちっきょ)となった崋山の支援のために画の斡旋をしたが,かえって崋山を自殺に追いこむ一因をつくった。元治(げんじ)元年8月23日死去。61歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。名は佶。字(あざな)は吉人。通称は恭三郎。別号に磐湖,暁斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

福田半香

没年:元治1.8.23(1864.9.23)
生年:文化1(1804)
江戸末期の南画家。遠江(静岡県)見附の生まれ。名は佶,字は吉人,通称は恭三郎。暁斎,暁夢生とも号した。初め掛川藩(静岡県)の絵師村松以弘,次いで勾田台嶺に学び,天保年間(1830~44)に入ってから渡辺崋山についた。蛮社の獄(1839)で蟄居後の崋山を田原(愛知県)に訪ね,画事でもって慰めた。当初花鳥画も描いたが,崋山同門の椿椿山がこれを得意としたため山水画に変わり,崋山没後は水墨の山水画をよくした。

(小川知二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福田半香の関連キーワード鈴木柳塘丹鶴舟平井梅園三好汝圭藤井蘇堂矢野竹舌木村黙斎遠江見附斎藤信幸

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone