福田源三郎(読み)ふくだ げんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田源三郎 ふくだ-げんざぶろう

1858*-1921 明治-大正時代の郷土史家。
安政4年11月22日生まれ。河津直入(なおり)に師事家業の扇子製造のかたわら,郷土福井の先人の研究をすすめ,「越前(えちぜん)人物志」や「由利公正伝」などをあらわした。大正10年9月7日死去。65歳。号は菱州。著作はほかに「柴田勝家伝」「新田義貞伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android