コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田秀一 ふくだ ひでいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田秀一 ふくだ-ひでいち

1839-1870 幕末の武士。
天保(てんぽう)10年7月生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。昌平黌(しょうへいこう),足利学校にまなぶ。藤田小四郎らの筑波山挙兵に東田行蔵変名でくわわる。のち岩倉具視(ともみ)のもとで勤王運動をおこなったが,慶応3年幕府に捕らえられた。明治3年7月10日死去。32歳。名は季穆。

福田秀一 ふくだ-しゅういち

ふくだ-ひでいち

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福田秀一の関連キーワード国文学研究資料館土御門院小宰相為兼卿和歌抄花山院長親夫木和歌抄十六夜日記問はず語り新葉和歌集玉葉和歌集紀行文学二条為定冷泉為相近代秀歌私撰集二条家李花集阿仏尼冷泉家堂上派真観

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android