コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福祉経済 ふくしけいざいnet economic welfare; NEW

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福祉経済
ふくしけいざい
net economic welfare; NEW

経済的財貨およびサービスのみでなく,人間の福祉に影響を及ぼすあらゆる要素を含めた社会指標のこと。人間的な必要や願望を経済体制の根拠に据えねばならないとして,1970年代初頭に提案された新しい概念。ただし GNP (国民総生産 ) の対立概念ではなく,あくまでも補足的なものとされる。つまり NEWの最善の値を計測するということは,貨幣表現のみで経済成長を計測する,いわば経済生活の量のみを重要視するのではなく,生活の経済,社会両面での質の向上に目を向けて,付加項目や差引き項目で GNPを補正していくことであるという。先駆的な NEW推計には W.ノードハウスと J.トービンのものがある。また S.S.クズネッツも GNP計算の福祉内容を広げることに賛意を示している。しかし,NEWの概念について一般的な合意はまだ得られていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

福祉経済の関連キーワード沖縄基地問題新福祉経済学近代国家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android