コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福野正勝 ふくの まさかつ

2件 の用語解説(福野正勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福野正勝 ふくの-まさかつ

福野七郎右衛門(ふくの-しちろうえもん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福野正勝
ふくのまさかつ

近世初頭の武術家、良移心当和(りょういしんとうやわら)の開祖。通称七郎右衛門、友善(ゆうぜん)また尚両(しょうりょう)と号した。正勝の伝は明らかではないが、丹後(たんご)(京都府)の浪人とも摂津大坂の出身とも伝え、初め相撲(すもう)の名手として知られたが、やがて柳生石舟斎宗厳(やぎゅうせきしゅうさいむねよし)に師事して、新陰流の心法(しんぽう)と無刀捕(むとうど)りを教授されて自得するところがあり、和術(やわら)を創案。1622年(元和8)3月、親交のあった石川丈山(いしかわじょうざん)に序文の作成を頼み、流名を良移心当和と名づけ、その目録案を恩師石舟斎に上呈したことが、十兵衛三厳(みつよし)の『月之抄(つきのしょう)』に載せられている。後年は京都粟田口(あわたぐち)に住んで和術の教授にあたったといい、門人のうち寺田平左衛門(へいざえもん)定安(さだやす)(貞心(ていしん)流和(やわら))、茨木専斎(いばらきせんさい)(起倒(きとう)流乱(みだれ))、長浜仁左衛門(ながはまにざえもん)(心当和(しんとうやわら))らが傑出していた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福野正勝の関連キーワード赤座七郎右衛門石井八郎右衛門内山七郎右衛門大久保七郎右衛門河内七郎右衛門島田七郎右衛門建部七郎右衛門羽山八郎右衛門福野七郎右衛門茂木七郎右衛門(6代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone