コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私する(読み)ワタクシスル

デジタル大辞泉の解説

わたくし・する【私する】

[動サ変][文]わたくし・す[サ変]
公のものを自分のもののように扱う。私物化する。また、ひとりじめする。「公金を―・する」「政治を―・する」
「ゆめ一人の人になその尊き身を―・せしめ給いそ」〈鴎外訳・即興詩人
身勝手に振る舞う。
「御奉公に―・すなと」〈浄・廿四孝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたくしする【私する】

( 動サ変 ) [文] サ変 わたくし・す
公のものを自分のものにする。公のものを個人の目的のために使う。 「公金を-・する」 「土地人民を-・し/民権自由論 枝盛
勝手な振る舞いをする。 「われも随分精出して、御奉公に-・すな/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android