公金(読み)こうきん

デジタル大辞泉の解説

こう‐きん【公金】

国または地方公共団体の所有に属する金銭。
個人の所有でなく団体や会社などに属する、おおやけの性質をもつ金銭。「公金横領」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうきん【公金】

個人の所有でなく公の性質をもつ金銭。 「 -を使い込む」
国または地方公共団体がその目的を達成するために所有する金銭。 → 国庫金

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐きん【公金】

〘名〙 国家や公共団体が所有する金。また、個人の所有する金に対して、団体、会社などが所有する公的性質をもった金銭。おおやけの金。〔西洋聞見録(1869‐71)〕
※縮図(1941)〈徳田秋声〉郷愁「土地の郵便局長の公金費消の裁判事件が、新聞の社会面を賑はし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公金の関連情報