公金(読み)こうきん

大辞林 第三版の解説

個人の所有でなく公の性質をもつ金銭。 -を使い込む
国または地方公共団体がその目的を達成するために所有する金銭。 → 国庫金

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 国家や公共団体が所有する金。また、個人の所有する金に対して、団体、会社などが所有する公的性質をもった金銭。おおやけの金。〔西洋聞見録(1869‐71)〕
※縮図(1941)〈徳田秋声〉郷愁「土地の郵便局長の公金費消の裁判事件が、新聞の社会面を賑はし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公金の関連情報