公金(読み)こうきん

精選版 日本国語大辞典「公金」の解説

こう‐きん【公金】

〘名〙 国家や共団体が所有する金。また、個人の所有する金に対して、団体、会社などが所有する公的性質をもった金銭。おおやけの金。〔西洋聞見録(1869‐71)〕
※縮図(1941)〈徳田秋声〉郷愁「土地の郵便局長の公金費消の裁判事件が、新聞の社会面を賑はし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「公金」の解説

公金
こうきん

国あるいは地方公共団体がその目的を達成するために用いる金銭。日本国憲法 89条に使用の制限があり,地方自治法にも制約が定められている。 (→公の財産 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android