コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私部石村 きさいべの いわむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

私部石村 きさいべの-いわむら

?-? 奈良時代の算術家,暦学者。
養老5年(721)師範にふさわしい優秀な学者のひとりとして褒賞される。学者の老齢化による学問の断絶をおそれた太政官(だいじょうかん)の要請で,天平(てんぴょう)2年(730),山口田主(たぬし),志斐三田次(しひの-みたすき)らとともに弟子をとり,学業を伝授した。氏は私ともかき,「きさきべ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone