山口田主(読み)やまぐちの たぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口田主 やまぐちの-たぬし

?-? 奈良時代の官吏。
家伝」によれば,神亀(じんき)(724-729)のころの暦算の第一人者。養老5年首(おびとの)皇子(のちの聖武天皇)の教育係となる。天平(てんぴょう)2年学業がとだえることをおしまれる学者のひとりにえらばれ,弟子がつけられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山口田主

生年:生没年不詳
奈良時代の算術家。『家伝』によれば神亀(724~729)ごろの暦算の第一人者。養老5(721)年,山田御方,山上憶良らと共に学芸諸分野の権威者として皇太子首皇子(のちの聖武天皇)の教育に当たった。天平2(730)年,老齢による業の廃絶を恐れ,弟子をとり学業を習わせるよう命じられた。<参考文献>亀田隆之『日本古代制度史論』

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android