コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元興朝 あきもと おきとも

美術人名辞典の解説

秋元興朝

子爵。旧館林藩主。東京生。戸田忠至の次男。幼名は和三郎、号は蔚堂。館林藩主秋元禮朝の養子となる。フランス公使館の書記官となり、政友会員として活動。美術・相撲を好む。大正6年(1917)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元興朝 あきもと-おきとも

1857-1917 明治-大正時代の外交官。
安政4年5月4日生まれ。戸田忠至(ただゆき)の次男。明治4年もと上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主秋元礼朝(ひろとも)の養子となる。25年弁理公使,28年特命全権公使。旧領地館林町城沼(しろぬま)の墾田事業などにもつくした。大正6年4月23日死去。61歳。通称は和三郎。号は蔚堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android