コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋分草 シュウブンソウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうぶん‐そう〔シウブンサウ〕【秋分草】

キク科の多年草山地木陰に生え、高さ50~100センチ。細長い枝に披針形の葉が互生する。夏から秋、淡黄緑色の頭状花をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうぶんそう【秋分草】

キク科の多年草。山中の日陰に自生。茎は高さ80センチメートル 内外。長い枝を分かち、披針形の葉を互生する。夏から秋にかけ、葉腋ようえきごとに一個の淡黄緑色の小頭花をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

秋分草 (シュウブンソウ)

学名:Rhynchospermum verticillatum
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

秋分草の関連キーワード日陰内外葉腋自生山中