コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田常栄 あきた つねひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋田常栄 あきた-つねひで

?-? 江戸時代前期の鉱山師。
出羽(でわ)秋田の人。父とともに佐渡にわたり,天和(てんな)元年(1681)坑道,鳥越間歩(とりごえまぶ)を開発,元禄(げんろく)4年鉱脈を発見。金に頓着せず,子孫に「千両の黄金も石に異ならずただ一心を万金にせよ」という歌をそえた石のつまった千両箱のみをのこしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋田常栄の関連キーワード出羽

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android