秋風楽(読み)シュウフウラク

大辞林 第三版の解説

しゅうふうらく【秋風楽】

雅楽の一。左方の新楽。盤渉ばんしき調の中曲。常装束で舞う平舞の四人舞。嵯峨天皇の南池院行幸の際、常世乙魚が作舞し、大戸清上が作曲したという。現在廃曲。長殿楽。寿春楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android