コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盤渉 バンシキ

世界大百科事典 第2版の解説

ばんしき【盤渉】

日本音楽の用語。(1)十二律の一つ。基音である壱越いちこつ)の音から10律目の音で洋楽のロ音とほぼ同じ高さの音。雅楽でこの音を主音とする調子を盤渉調といい,六調子の一つで律呂のに属するとされる。(2)能の用語。笛(能管)の曲の類型を表す用語で,各句が盤渉の孔で終わる指使いの曲を指す。ただしこれは絶対音高ではない。指孔の位置も流派により異なる。黄鐘(おうしき),双調(そうぢよう)に対して用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんしき【盤渉】

日本音楽の音名。十二律の一〇番目の音。中国十二律の南呂なんりよに相当し、音高は洋楽ロ音にほぼ等しい。 → 十二律
能楽囃子の笛の用語。低い方から六番目の指孔。また、各旋律句がその指孔の音で終わる曲を「盤渉の曲」という。 ↔ 黄鐘おうしき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

盤渉の関連キーワード松平 頼則:盤渉調「越天楽」によるピアノのための主題と変奏/piano solo青海波(音楽)越天楽・越殿楽半ら・中ら剣気褌脱時の調子千秋楽万秋楽越天楽青海波蘇合香秋風楽越殿楽採桑老箏の琴五調子蘇莫者早舞律旋南呂